自費施術をしている先生、こんな悩みを抱えていませんか?

 

 

自費患者をもっと集客しないといけないけど、同じようなチラシが氾濫して集客しにくくなってきた、でもWEB集客が出来ないからチラシだけで集客している。


塾やコンサルに、オンライン集客が必要だと言われているけど、エキテンくらいしか自分のメディアを持っていない。


院のHPがあるけど全然集客出来ないから、別の業者に頼んで新しいHPを作ってもらった。しかし、思うように集客出来ない…いったい何がいけないの?


業者にHPの内容変更を頼んだら時間がかかるしお金をとられた。自分でHPを作って集客することが出来たらいいのに…。


インターネットを使って集客したいけど、方法がわからない。


健康教室を開催してもなかなか集客につながらない。もっと効率よく集めれないかな…。


1人治療院で月商100万は達成できた。けれども、100万以上を目指すにはもっと集客しないと難しい。


WEBから毎月安定的に集客できるようになりたい。


 

 

今からお見せするのは、2018年の私が作った症状LPから集客した人数と、その人数を呼ぶのにかけた広告費です。これは症状LPだけの集客数ですので、私が今まで先生にメールでお伝えしたGoogleマイビジネスからの予約や、既存患者さんからの紹介ツールの集客人数は入っていません。

 

 

こんにちは。

渡部晃久(わたなべ てるひさ)です。

 

これまで何通にもわたるメールを読んでいただき、ありがとうございます。

 

いままでお送りした動画講座、いかがだったでしょうか?

 

どれも私が実践で使っている手法なので、それらをぜひ実践してくださいね。

 

実践するだけで、ある程度の新患集客はできるようになりますから。

 

何度も言っていますが、私たちのような自費治療をしている所は、フロントエンド(FE)の患者さんを集めるために、ポスティングしたり折り込みしたり、健康教室をしたり、色々な事をして新患を集めなければ売上はあがりません。

 

月何百万も稼ぐ自費治療院は、何万枚もチラシを撒き、雑誌広告、立て看板、バス広告、電車広告、紹介カード、院内掲示板、ニュースレターなど、月に50万円以上の広告費を使い新患を集客しています。

 

しかし、ほとんどの先生がそこまで広告費をかけれませんよね。

 

だから、広告規制が厳しくなっても、いまだにチラシを撒いて集客したり、エキテンに月約3万円払って集客したりしています。

 

最近は、保健所に呼び出し覚悟でチラシを撒いても、似たようなチラシのテンプレートのせいで、思うように新患を集めることが出来なくなりました。

 

どうしたらもっと効率よく新患を集客できるか?

 

 

先生は、もうわかっているはずです。

 

 

そうです、症状のLPです。

 

症状のLPがあれば、今悩んでいる集客は解決します。

 

 

でも行動できていない・・・・、

 

 

その理由は、以下の3つがほとんどです。

 症状LPほしいけど、どうしていいかわからない

 HPの資金が無い(相場=約30万)

 HPをどこに頼んでいいかわからない・・・

そんな、この3つが理由の先生は、私みたいに自分で症状LPを作って、WEB集客したらいいんです。

 

 

 

今の先生に必要なものは チラシみたいに集客してくれる 「症状LP」です。

 

 

もし先生が雇われているのなら、こんなことは言いません。患者さんが来なくて院の売上がなくても、会社から給料をもらって生活することができるからです。

 

しかし、自分で治療院を経営していると、患者さんを毎月集客して売上を作らないと生活出来ませんよね。

 

患者さんが来ない不安は、本当にたまらないものです。

 

そこで、私が先生に提案するのは、私と同じようにターゲットを絞った症状LPを作り、自分でインターネットから集客しましょうと言うことです。

 

私は、難しいプログラミング言語は知りません。

 

業者のような綺麗なHPも作れません。

 

しかし、そんな私が作った症状LPは、平均すると毎月15人~30人の新患を集客しています。

 

なぜそんなことが出来るのだと思いますか?

 

それは私が、ネット集客するためのルールと、WEBツールの使い方を知っているからです。

 

 

 

 

 

 

 

ここで、症状LPについてお話します。

 

症状LPは、チラシのようにターゲットを絞ってその人に向けてメッセージを発信する媒体です。

 

チラシと違う所は、1度インターネット上に症状LPを作れば、あとは24時間365日休みなく集客活動をおこなってくれます。

 

先生の声を動画にして話したり、実際の患者さんの声を聞いてもらったり、院内写真を使って雰囲気を伝えたりできるので、それを見た見込み患者さんは、あたかも先生が目の前で話しているように感じてくれます。

 

インターネットの中にいる先生の分身が、体の悩みで困っている人に、やさしく『私の所に来たらいいですよ。』と話しているのをイメージしてください。

 

 

それが症状のLP(先生の分身)です。

 

 

インターネットの中に自分の分身(症状LP)を作ることが出来れば、チラシを何万枚も撒かなくても、ポスティングにいかなくても、家で寝ていても、施術していても、旅行に行っていても、飲みに行っていても、文句も言わず365日24時間休むことなく、見込み患者さんに話しかけてくれます。

 

 

『本当に、そんなことが出来るの?』

 

 

そう思った先生、よく考えてみてください。

 

 

今こうして、このページを読んでいるのはなぜですか?

 

 

そうです、私のインターネットの中の分身が、先生に営業活動をしたからなんです。

 

 

私の分身(症状LP)は、先生に予約電話をかけてもらうのが目的ではなく、メールを使って、このページに来てもらうようにするのが目的だったんです。

 

このように、インターネットの中に自分の分身を作り、見込み患者さんに狙った行動をしてもらう。

 

『自分の分身=症状LP』

 

この症状LPはパソコンとインターネットが使える環境があればどこででも作れます

 

 

 

一度、症状LPの作り方がわかれば、あとは色々な症状LPを作ることができるようになるので、新たな自費メニューで新患を集める事ができます。

 

 

 

こんな話をすると、かならず否定語を連発する先生がいます。

 

『症状LPを作るには、HTMLやプログラミング言語など、何時間もかけてWEBについて学ばないといけないから、難しくて出来ない・・・。』

 

 

先生、それは間違いです!!

 

 

先ほども言いましたが、私はプログラミング言語は知りませんし、WEBの詳しいことは何もわかりません。

 

私が知っているのは、ネット集客のルールと、症状LPを作るためのツールの使い方だけです。

 

症状LPを作る為に、HTMLや、CSS、プログラミング言語などを学ぶ必要はありません。

 

それらを知らなくてもワードプレスというツールを使えれば、症状LPを作ることが出来ます。

 

実際に自分で作っていけばわかりますが、症状LPを作るために学ばなければならないことはそれほど多くないと気づくはずです。

 

 

なぜ、右クリックがわからなかった先生でも
毎月症状LPで集客する事ができたのか。
『症状LPの作り方』オンラインスクール

 

WEB集客をしたいと思っている先生のための講座、自費治療院の『症状LPの作り方

 

パソコン操作が苦手で右クリックもわからなかった先生でも、動画を見て真似するだけで出来るように、私が実際におこなっている症状LPの作り方を体系化しました。

 

3つのステップにまとめ、動画でやり方を説明するオンラインスクール。

 

 

 

第1章

症状LPの作り方(設計図を作る)

 

来て欲しいターゲットを狙い撃ちにする症状LPの設計図

反応のよい症状LPを作るには形があります。

 

その形と、心理学に基づいたルールに沿って設計図を作っていきます。

 

この設計図を作れるようになると、色々な症状でLPを無限に作ることが出来るようになります。

 

脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・頭痛・梨状筋症候群・足のシビレ…。

 

HP業者に頼んだら1つ何万円もかかる症状LPが、必要最小限の資金でいくらでも作れます。

 

またチラシと連動させたLPも作れるようになるので、チラシの反応率を上げることもできます。

 

オンラインスクールでは、人間心理を使った先生オリジナルの設計図を作る手順を、一つ一つ丁寧に解説していきます。

 

動画や文章を活用して解説していきますので、だれでもこの動画講座を受ければ設計図を作っていくことができます。

 

 <第1章内容抜粋>

 症状LPに使う設計図の作り方がわかります。

 心理学に基づいた症状LPのルールがわかります。

 チラシと連動した症状別LPが作れ、チラシの反応率をあげれます。

 新しく作った自費メニューを、すぐにLP化することができるようになります。

  ライバル院がまねできない先生オリジナルのLPを作ることができます。

 集客できるLPと集客出来ないLPの違いが分かるようになります。

 

 

 

第2章

症状LPの設置

 

第2章では作った設計図をもとに、インターネット上に症状LPを設置していきます

 

サーバーを借りたり、独自ドメインをとったり、ワードプレスをインストールしたりします。

 

インターネットの基本的な部分から1つずつ丁寧に解説していきますので、動画の通りに真似するだけで、これらの設定が出来ます。

 

 <第2章内容抜粋>

 サーバー、独自ドメイン、ワードプレスをインストールします。

 症状LPの土台をテンプレートを使って作ります。

 設計図を元に、症状LPを設置していきます。

 動画を見ながら真似することで、症状LPを編集することが出来るようになります。

  デザインを良くする方法(画像の外注)など、やり方がわかります。

 第2章が終わるころには、HPの編集や写真のUPなどが出来るようになっています。

 

 

 

第3章

予約率をUPさせる

 

第3章では、作った症状LPの反応を良くしていきます

 

症状LPを見て予約をする患者さんは、同じような自費の治療院と先生の院を比べています。

 

そこで、そんな患者さんを、自分の院に呼び込むために、ライバル院対策をおこないます。

 

予約率をUPさせるためにライバル院対策、リサーチ、見せ方などを詳しく解説していきます。また普通の症状LPよりも予約されやすくなる、ある機能を設置しスマホ対策をおこないます。

 

 <第3章内容抜粋>

 同じ症状で集客しているライバル院をリサーチし対策をおこないます。

 症状LPのスマホ対策をおこないます。

 予約されやすくする仕組みを設置します。

 

 

こちらでご紹介したのはごく一部ですが、オンラインスクールでは、非常に濃いコンテンツを動画と文章を使ってふんだんに解説しています。

 

 

またオンラインスクールですので、先生の空いている時間に自分のペースで進めていくことができます。

 

 

多くの先生がセミナーで学んだり、塾に参加したり、コンサルを受けた方が成果が出ると思っていますが、実際には、オンラインスクールの方が結果は出やすいです。

 

 

セミナーやコンサル、塾は、決まった時間、決まった曜日にしか学ぶことができませんよね?

 

 

その場合、早く作業を進めて結果を出したい人にとっては、次の学べる時まで時間をムダにしてしまいます。

 

 

また、時間がなくてゆっくり進めたい人にとっては、追いつけなくて挫折してしまったり、大切な情報を取りこぼしてしまう可能性もあります。

 

 

でも、オンラインスクールであれば、すべてのコンテンツを自分のペースで、好きなところから見ることができるので、一人一人にあった成果を手にすることが可能です。

 

 

 

ぜひオンラインスクールで先生が望んでいる未来を手にしてください。

 

 

 

 

「自分のペースで進められるのはいいけど、わからないことがあったらどうしたらいいの?」と思う先生もいると思います。

 

これまで私が症状LPの作り方を教えてきた先生の中に、パソコン操作が苦手で右クリックがわからず苦労された方もいます。

 

また、パソコンでの作業に限らず、症状LPを作っていくうちにわからないことが出てくると思います。

 

そういうときに誰かに相談できるといいですよね?

 

そこで、相談できる環境として、オンラインスクール参加者限定のfacebookグループをご用意しました。

 

もし、作業の進め方に困ったり、「本当にこれでいいのかな?」と迷うことがあったら、facebookグループのページで質問してください。

 

質問に対して直接ご回答させていただくか、あなたからいただいた質問をコンテンツにして追加させていただきます。

 

上手に活用してください。

 

 

より高い効果をあげてもらうために
BE率を上げるための特典動画をご用意

 

 

今回は、せっかくなので自費のBE率をあげるための特典動画をご用意しました。

 

 

巷のコンサルが、自費で売上をあげるために色々とノウハウを言っています。

 

問診やクロージング。

 

そんな小手先のテクニックではなく、私がスタッフに自費売上をあげるために教えている『自費施術で患者さんがBEを買う本当の理由』を先生に特別に教えます。

 

これを知っているだけで、患者さんがBEを購入する時はどんなときか理由がわかります。

 

また自分に何が足りていないか?それを冷静に分析することが出来ます。

 

 

今まで『症状LPの作り方』オンラインスクールの内容をご紹介してきましたが、興味を持っていただけたでしょうか?

 

毎月ネットから新患獲得できる症状LPの作り方が学べて、その症状LPに24時間365日無休で、自分に変わって営業活動をおこなってもらう。

 

どんな先生でも結果を手にしてもらえるよう必要なノウハウを、このオンラインスクールには詰め込みました。

 

私は今まで、自費治療院にWEB集客するためDRM、心理学、ブログの作り方、SNSでの集客方法、広告運用のスキル、コピーライティングスキルなど、300万以上のお金を投資し、また多くの時間を使い学びました。

 

 

それらを濃縮したのが、このオンラインスクールです。

 

 

ですので、このオンラインスクールは、50万円以上の価値があると思っています。

 

 

ですが、集客で悩みを抱えている先生に少しでもお力になれたらと思い、『症状LPの作り方』オンラインスクールをHP相場と同じ30万円でご提供させていただきます。

 

 

と言いたいところですが、実際問題そんなにHPにお金をかけれない先生が多くいます。

 

 

 

ですので、このオンラインスクールは1万枚の折り込みチラシ1回分と同じくらいにしました。

 

 

正直、1万枚の折り込みチラシは1回ではなく、何回も何回も地域を変えてバラまかないと効果が出ません。

 

 

そんな何回かのうちの1回を、オンラインスクールにあて、症状LPの作り方を学び自分のものにしてください。

 

 

ぜひ、この機会に先生の自費治療院の集客手段の1つに症状LPを取り入れてください。

 

 

オンラインスクールでは一から症状LPの作り方を教えていますので、チラシを作るように症状LPを自分で作れるようになります。

 

症状LPの作り方オンラインスクールは59,800円(税込み)で受講することが出来ます。

 

 

受講料: 59,800円(税込み)

症状LPオンラインスクール申し込み

本ページからお申込み頂くと渡部晃久が発行する参加者メルマガ(無料)に代理登録されます。登録されたメールアドレス宛てに自費治療院の売上UPになる情報を不定期にお届けしています。お客様にご入力頂きました個人情報は国が定める個人情報取り扱いに関する法令、指針に従い遵守します。またご入力頂きましたメールアドレスへは上述のメールの配信の他、お客様へのご連絡の目的でのみ使用します。

 

 

 

さらに効果的に集客するために
WEB広告業者 を紹介

 

 

今回オンラインスクール参加者には、症状LPで集客するために必要なWEB広告を出稿してくれる、WEB広告の代行を紹介します。私の症状LPの広告出稿をお願いしている人物で、一般ではWEB広告を請け負っていません。

 

WEB広告は、地域・時間を絞って広告をだせるので非常にコスパが高く優れています。しかし実際に自分で広告を運用するとなると、かなり専門的な知識が必要になってきます。ですので、私は広告運用に関しては外注をしています。そうすることで症状LPを作ることだけに集中できるからです。

 

またWEB広告の運用をする業者はピンキリです。広告費がかさむだけであまり集客出来ない業者・地域を大きくしていらないところにまで広告を出稿する業者など様々です。

 

そんな業者がいる中で、このオンライン講座内で紹介している人物は、自費治療院専門の広告出稿をメインに行っていますので、安心して任せられます。

 

 

先生のブランディング
受講メンバー限定特典

 

もう1つ、今回オンラインスクール参加者には、先生のブランディング作りに役立つ企画に参加できる権利をお付けします。(別途料金:オプション)

 

これは、大手治療院グループや、ある程度資金のある治療院がおこなっている、ブランディング作りの方法で、個人でおこなう事は大変難しいです。

 

ですのでオンラインスクール受講生で、このブランディング作りをおこないます。

 

今までに数回、このブランディング作りをおこなっていますが、過去参加された先生には大変好評で、何回も参加される先生が多数います。

 

 

 

パソコンが苦手なのですが大丈夫でしょうか?

 

大丈夫です!メンバーサイトでわかりやすく解説していますし、わからなければ遠慮なくfacebookグループでご質問ください。

 

オンラインスクールに入会してからの流れが知りたいです。

 

まずは、メンバー限定サイトのURLとパスワードをお送りします。そのあとfacebookグループに招待しますので、メンバー限定サイトを見て、症状LP作りをはじめてください。もし、わからない事があればfacebookグループにご質問ください。

 

文書の添削などはお願いできるのでしょうか?

 

メンバーサイトでわからない事に関してはご回答していきますが、添削サービスは行なっておりません。ご了承ください。

 

WEB広告業者だけ教えてくれませんか?

 

残念ながら、それはできません。オンライン講座受講者だけの特権になります。ここまで効果を上げてくれる業者はいませんので、一般受付していません。

 

広告業者には必ず頼まないといけないですか?

 

必要なければ頼まなくて大丈夫です。一般受付していないシークレット業者ですので、もし必要になった時に頼める権利が与えられます。

 

オンラインスクールで必要な経費っていくらくらいですか?

 

オンライン講座代金以外に、サーバー代(年間6千円)・テンプレート代(約8千円)・ドメイン代(約1,300円)が必要です。また画像などを外注にかけた場合は(+外注費)、自分で画像編集するのなら無料です。

 

この講座を受講することで、必ずWEB集客することができますか?

 

絶対はありませんが、講座内で教えていることをきちんと実践すれば、チラシよりも集客することは可能にはなります。私が、今現在WEB集客している手法を、動画で解りやすく解説していますので、かなり再現性は高いと自負しています。

 

先生のブランディングとはいったい何をするのですか?

 

受講生だけのブランディング企画ですので、お伝え出来ません。ただ一つ言えることは、これをおこなうことでWEB集客やチラシ集客に違いが出ます。

 

 

 

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

 

最後に、私からあなたにどうしてもお伝えしたいことがあります。

 

このオンラインスクールでお伝えしていることは、あくまでも店舗に集客するための手段にしかすぎません。

 

私はその手段を通して、先生に本当に受け取って欲しいことがあります。

 

それは、先生が理想とする未来です。

 

治療業界で仕事をしている人は、自分の技術(自分自身)が商品です。

 

1人治療院の先生は、自分が現場に立たないと収入になりません。

 

ですので先生が病気をしたり、事故で動けなくなったりしたら収入が無くなります。

 

なので今のうちに売上をあげて、その売上で人を雇い、自分がいなくても収入になる治療院を作ってください。

 

思うように集客出来ず一切売上が上がらない状況は、少し先の未来を考えるだけでとても不安になります。

 

『一日も早く、そういう不安を脱出して、先生が想う未来を手にしてください』

 

先生の申し込みをお待ちしております。

 

 

 

 

 

受講料: 59,800円(税込み)

症状LPオンラインスクール申し込み

本ページからお申込み頂くと渡部晃久が発行する参加者メルマガ(無料)に代理登録されます。登録されたメールアドレス宛てに自費治療院の売上UPになる情報を不定期にお届けしています。お客様にご入力頂きました個人情報は国が定める個人情報取り扱いに関する法令、指針に従い遵守します。またご入力頂きましたメールアドレスへは上述のメールの配信の他、お客様へのご連絡の目的でのみ使用します。

 

 

|   特定商取引法  |  プライバシーポリシー  |

Copyright © 2018 Live Tellus Group All rights reserved.